« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011.04.04

らの☆すた 3度目の正直(仮)

20110327_2

樋口司さんの3シリーズ目となる「カフェとオレの先輩」がヒットしますように( ̄人 ̄)

ちなみにMF文庫の新人賞作家(敬称略)の3シリーズ目以降に注目すると下記のような感じかと。ついでに作風の変わり方も主観で記載してみる。

0期
平坂読
「ねくろま。」(3シリーズ目)でステップして「僕は友達が少ない」(5シリーズ目)で大HIT
3シリーズ目で作風は変わってないけど、わりとマイルドになった感じ

1期
月見草平
「姫宮さんの中の人」(3シリーズ目)でステップして「かぐや魔王式!」(4シリーズ目)で長期シリーズ
3シリーズ目で作風が結構変わった感じ。

3期
田口一
「この中に1人、妹がいる!」(4シリーズ目)が、割と売れているっぽい?
確か3作目はラノベ作家ネタだったからここで作風が変わってる?

星家なこ
「ヒメカミ」(4シリーズ目)で奮闘中?

4期
森田季節
「不堕落なルイシュ」(4シリーズ目)の後に「角川書店」「ハヤカワ文庫」から出版
作風の変わり方は色々言われているけど3シリーズ目も女性主人公でがんばってたような気が。個人的には「原点回帰ウォーカーズ」は好きなんですけどね。

石川ユウヤ
「彼女と二人で「C」体験!」(3シリーズ目)で奮闘中?

葉村哲
「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」(3シリーズ目)が一部で話題沸騰中?
2シリーズ目の作風の変わりようはMF文庫随一

志瑞祐
「精霊使いの剣舞」(3シリーズ目)が、割と売れているっぽい?
3シリーズ目でMFっぽく大きく方向転換? でも毎回作風が違うと言えるかも。

まあ色々言われているけど、MF文庫は新人キラーの某文庫(最近はマシになったけど)と比べて我慢強いと思う。

ちなみに「はがない」は5シリーズ目だからアニメ化されるとMF文庫ではもっとも遅いシリーズでのアニメ化になりそう(「えむえむっ!」「聖剣の刀鍛冶」「緋弾のアリア」は2シリーズ目で「かのこん」「まよチキ!」は1シリーズ目でアニメ化)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »