« らの☆すた ○○○○の涙 | トップページ | いえすぷ おかわり中 »

2009.03.01

らの☆すた デンゲキタイショウの双星

20090228

重版されたので、ようやく「アクセル・ワールド」買いました。確かに世界観自体に目新しいものは無いけれど、ストーリーは良くまとまっていて小ネタの使い方が上手でした。あとロウきゅーぶと違って本来の読者層にウケがよさそう。

で、よく電撃小説大賞の大賞作はまとまっているけれど余り人気が出なくて、銀賞作とかは尖っていて人気が出るとか言われるけれど実際はどうなんでしょうか。(受賞作じゃなくて、受賞作家の話?)

「アクセル・ワールド」は無難にまとまっていて、「ロウきゅーぶ」は尖っていると言えなくも無い?個人的には「パララバ」が大賞作品というイメージなんですが。なんとなく。

あと最近ので、よく引き合いに出されるのは12期あたりなのかなーと言うことでサブタイトルを決めてみたり。まとまっている大賞も尖っている銀賞もどっちも読み方次第?お留守バンシーの1巻と4巻は好きだった記憶があったりします。あ、でも今はローゼたんに首ったけです。あと、小河さんの淡白な1Pのあとがきを読むと不安な気持ちにさせられます。

|

« らの☆すた ○○○○の涙 | トップページ | いえすぷ おかわり中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5677/44209869

この記事へのトラックバック一覧です: らの☆すた デンゲキタイショウの双星:

« らの☆すた ○○○○の涙 | トップページ | いえすぷ おかわり中 »