« サンクリ42 | トップページ | らの☆すた デンゲキタイショウの双星 »

2009.02.11

らの☆すた ○○○○の涙

「プシュケの涙」ネタがアレな感じで含まれていたりと色々あるので一応格納
(ちょびっと台詞回しを変更 ---2/11 22:00--- )

20090104_2

■ネトラレの涙
ラノベ部の酒場のリアではないけれど、人の見方はそれぞれということで。

プシュケの涙は榎戸川視点の寝取られなお話だろJK。ということで「"プシュケの涙" "寝取られ"」でぐぐってみたけどあんまり引っかからなかった。えー

後半が前半の結末を知った上で切ない結末までを読む箇所としたら、前半は展開を知った上で読み直したくなる箇所。朝の由良と織恵と榎戸川の会話も普通に読むと幼馴染会話なんだけれど、分かった上で読むと、うげーな会話になっててやるせなさ炸裂です。
更に由良と吉野の関係が呼吸をするように続いていくのに対して、本来ラノベ的には結びつきが強いはずの幼馴染との繋がりがあっさりと切れてしまうのも対称的。
でも、全てを知った上での榎戸川の織恵への態度のなんとすばらしきことかー。そんな態度を示しているからこそ読んでいる側は勘違いするのだけれど。特に由良に四階から落とされそうになるときの織恵を擁護する台詞は、旭が由良に全てを話してしまうのとまったく逆。織恵と事件後にやり取りすることがなくなったっていうのも旭が織恵に顛末を話したんだろうなと思いつつ、それで榎戸川とのコミュニケーションがなくなってしまう織恵も織恵だよなぁ…。やっぱり切ないというか「可哀想に」だよ。

こっち寄りの読み方もあるということで…。

|

« サンクリ42 | トップページ | らの☆すた デンゲキタイショウの双星 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5677/44011696

この記事へのトラックバック一覧です: らの☆すた ○○○○の涙:

« サンクリ42 | トップページ | らの☆すた デンゲキタイショウの双星 »