« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008.11.26

らの☆すた 暴風このラノファイト

このラノ結果を受けて、この前の新刊から1本掲載

20081101

純粋に順位として一番気になっていた「暴風ガールズファイト」がこのラノで19位になってました。更に20位以内での一人当たり投票点数で、文学少女の4.04 境界線上のホライゾンの4.09を抑えて、ぶっちぎりの4.6。一応、投票した人の思いは報われたと言う事で…(続編が出れば最高なのかもしれませんが)
あと、冬コミでカレンダーを買いに行くのを忘れないようにしないと…

ついでに、今回の新刊にのっけるのを忘れていて、更にべたべたな時事ネタなので追加で掲載
20080923

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.24

陵桜祭6お疲れ様でした

と言うわけで、うちの本を手に取ってくださった方々&売り子を手伝ってくれたK君ありがとうございました。体調&明日の仕事の関係もあって、早め(とはいってもチョココロネ早食い&大食い大会まではいました)に会場をあとにしました。

人がさっと捌けてしまう、昨今のONLYと違って結構人が残っていて活気があって、途中まで見ていたアフターもノリノリな参加者&司会者で楽しいイベントでした。(もちろん自分でふらふら本も買ってます)

自分のサークルとしては、「ラノベはあんまり詳しくないけれど前回の本は楽しめました」と言ってくれる方がいて一安心と言うか嬉しかったり。あと、ネタ自体はそろそろネタ切れが危なくなってくることに(^^; また、別ジャンル(とは言ってもショコラ or ラノベ系ですが)もやりながら、ちょびちょび充電してきます。

最後に今回買ってきた本のMY BESTと言うことで

「さい☆さい -Lucky☆Star- vol.4」
東松山軍団

かがみ様シューター本
STGに詳しくなくてもなんとなく楽しめます。特に今回凄いのはOVAネタにSTGネタを被せてきちんとネタを作っているところ。こーいう柔軟性がうらやましいです。

あと、このラノの結果がアレだったので後であのページを追加でUPします。投票者一人当たりの点数が4.6なのはすげー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.23

らの☆すた ライトノベルの楽しい選び方

なんとか、今日と明日の2日間の休みを死守。今日も働いている人たちにはすいません。

残りの原稿もちょびっとUP

20081123

「このエロゲが好きなひとにはこのラノベだ!!」とかその逆とかあるのかなぁと思ったり。やっぱりエロゲをライター買いする人はラノベもライター買い?
あと、「地雷書房にて」は「ラノベ部」の「自在書房にて」からつけてるのですが、これの元ネタってあるのでしょうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.16

陵桜祭6新刊

休出対応しながら何とか入稿しました。特に問題がなければ当日新刊があります。イベント当日も休出対応にならないことを祈りつつ。

■新刊
「LIGHT NOVEL STAR 2nd」
B5 16P

Lns_2nd

表紙の分かりやすい方のネタは見たまんま「ラノベ部」です。もう一つ分かりづらいねたもあるのですが…。と言うことでまえがきページもUP

Lnf_2nd_p03_2

残りページも、ある程度はWebに載せます。とは言っても16pなペラペラの本なので、ほとんど残ってないような気が。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.07

陵桜祭6 & C75

当落が届いたー。そろそろ落ちるかと思ってましたが結構連続で受かるもんです。

■陵桜祭6
11/24
こ-8
うまくいけば、LIGHT NOVEL STAR 2nd

Cut_ryo6_2

■C75
12/29
ケ-26b
MF文庫本の予定
タイトルは「えむえふ。」か「えむえふっ!」になるのかなぁ。

C75cut

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.03

らの☆すた とあるラノベの八方美人(マルチヒロイン)

20081019_2

アニメも1巻のクライマックス部分だなーと思いつつ、インデックスがヒロインっぽく描写されているよ!! ってことで。 もちろん、タイトルからしたらインデックスがメインヒロインなのが当たり前なんですけれど、なんですけれど…、最近の原作での扱いが扱いだけに新鮮な気持ちで見ている自分に気づきました(笑)

あと、スキフェスの禁書目録オンリーに行ってきました。夏コミ以来の即売会でしたが、7割買いぐらいの勢いで色々気を紛らわしてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »